ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

HMB

マッスルエレメンツHMB

マッスルエレメンツHMBは国産で高純度のHMB原料を使い、HMBだけでなくクレアチンなどの筋肉づくりをサポートしてくれる成分を多数配合したサプリです。

ガッツリ筋肉をつけたいとか、理想の体型になりたいという人はマッスルエレメンツがおすすめ。

効率的にトレーニングするには食事からの栄養摂取だけではなく、筋肉に良いとされるサプリを使うことも必要です。

筋トレというとプロテインがイメージされますが、同時に体を絞りたいときはHMBがおすすめです。

HMBとは

筋肉を作るために飲むプロテインですが、プロテインを飲む目的はタンパク質の一種であるロイシンの摂取をすることであるといえます。

筋肉は常にはタンパク質の分解と合成を繰り返しています。

筋トレなど激しいトレーニングをすると筋肉は分解する方向に傾いてしまいます。

そのため良質なたんぱく質を摂取するためにプロテインを飲むのです。

ロイシンには細胞内での筋タンパク質の分解を抑制する作用があるのです。

このロイシンの働きは実は、ロイシンが体内で変化してできる HMBという物質によるものと考えられます。

しかしHMBは、摂取したロイシンの5パーセントしか代謝されません。

HMBの効果を実感するには

HMBの効果を実感するのに推奨される量は一日3グラムです。

3gのHMBを代謝するには、ロイシンを60グラム摂取しなければなりません。

60gのロイシンを摂取するためにはプロテインであれば約20杯を毎日飲まなくてはならない計算です。

さすがに現実的ではないので、HMBを直接摂取したほうが効率が良いと言われているのです。

HMBと一緒に摂りたい成分

HMD と非常に相性の良い成分としてクレアチンがあります。

クレアチンはもともと筋肉の中に存在する物質で、強度の高いトレーニングをする時に有効な成分です。

クレアチンの働き

  • 筋肥大の効率を上げる
  • 筋力を発揮しやすくなる
  • 筋力のスタミナがつく

ある実験では、HMBとクレアチンを一緒に摂取すると最も除脂肪体重と筋肉増加が高い数値になったと報告されています。

クレアチンだけを飲んでももちろん効果はあるのですが、 HM Bとクレアチンを一緒に摂取することで相乗効果が期待できるでしょう。

実際にトップアスリートの中には HMBとクレアチンを一緒に摂取している人も多数います。

マッスルエレメンツの配合成分

マッスルエレメンツHMBに配合されている成分は次の通りです。

HMBカルシウム、クレアチン-水和物、デキストリン、コエンザイムQ10、αリポ酸、大豆ペプチド、L-オルニチン塩酸塩、DNA核酸、RNA核酸、米胚芽抽出物、ブラックジンジャー抽出物/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロース、ビタミンC、クエン酸、L-アルギニン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、シクロデキストリン、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

HMB

筋肉ケアに効果があるといわれていたアミノ酸「ロイシン」が体内で変化してできるのが「HMB」です。

HMB原料にもいろいろなものがありますが、マッスルエレメンツは国産100%のHMB原料を使っています。

HMBには筋肉中のタンパク質の分解を防ぐ働きと、タンパク質の合成を促進する作用があり、ダブルで筋肉ケアに有効です。

クレアチン

クレアチンとはタンパク質の一種で筋肉の中でエネルギーを貯蔵している物質の一つです。

クレアチンは筋肉が強度の高い運動を行う時に使われます。

クレアチンには筋肉に補給してやることで筋力を発揮しやすくなったり、筋力の持続時間が長くなる、筋肉が太くなりやすくなるといった働きがあります。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、体内のエネルギーをつくるために必要となる補酵素のひとつです。

コエンザイムQ10には、疲労回復、肌の老化防止、心臓機能を保護、生活習慣病を予防、関節痛を改善、骨粗しょう症を予防するなどの効果などがあります。

αリポ酸

αリポ酸は糖質を代謝してエネルギーに変える役割を持っています。

トレーニング前にαリポ酸を飲んでおくと、トレーニング中に糖質の代謝が進み、より効率的にエネルギーを使えるようになります。

また、αリポ酸は優れた抗酸化作用を持っていますので、トレーニングで発生する活性酸素による悪影響もカットしてくれます。

ブラックジンジャー

ブラックジンジャーには脂肪を燃焼させる効果がありますので、ダイエットサプリによく使われています。

ブラックジンジャーが、トレーニング中の脂肪燃焼を促してくれます。

大豆ペプチド

大豆ペプチドには体脂肪の燃焼を促す働きがあるといわれており、大豆ペプチドの摂取と運動を組み合わせることで、健康的で効率の良いダイエットが可能です。

L-オルニチン

オルニチンはしじみに多く含まれている成分です。

オルニチンはアルギニンと同じく、成長ホルモンの分泌を促進します。

トレーニングで筋肉に負荷をかけると、筋肉は傷つき、分解されます。

トレーニング後に筋肉の原料であるタンパク質を摂取することで、傷ついた筋肉が修復され、合成されて筋肉は大きくなります。

成長ホルモンは筋肉の修復、合成を促進する作用があります。オルニチンはその成長ホルモン分泌をアップしてくれるのです。

DNA核酸

DNAとは核酸のひとつであり、RNAとともに遺伝物質です。私たちの体をつくるための設計図が格納されています。

DNAは遺伝に関わる成分として知られていますが、栄養成分として摂取することで、新陳代謝を促します。

DNA核酸には、肌の老化防止、髪の老化防止、疲労回復、貧血予防、ガンを予防、肥満を予防する効果などがあると考えられています。

RNA核酸

RNAは、DNAの指示をもとに、生物の細胞にとって重要な材料である、たんぱく質をつくり出す働きを担っています。

RNA核酸には、肌の老化を予防する効果、疲れにくい体をつくる効果、脳の働きを活発にする効果があると考えられています。

L-アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉の強化、免疫力アップに有効です。

またアルギニンは体内で一酸化窒素を発生させることで、血管を拡張し、血流を促進します。

トレーニングをする前にアルギニンを飲んでおくことで、成長ホルモンの分泌が促進されるので、筋肉の修復力アップが期待できます。

このようにマッスルエレメンツHMBにはカラダ作りのためのさまざまな成分がバランスよく配合されています。

マッスルエレメンツの副作用

マッスルエレメンツはサプリメント(健康食品)であって、医薬品ではないので副作用というのは考えにくいです。

実際、これまでマッスルエレメンツHMBサプリを飲んで健康被害を受けたという報告はありません。

定められた用法、用量を守る限り、副作用が発生するようなことは考えにくいですね。

マッスルエレメンツの口コミ

マッスルエレメンツHMBサプリは、筋肉芸人としても有名なレイザーラモンHGさんも愛用しているようです。

プロテインをマッスルエレメンツHMBに変えてみました。マッスルエレメンツはたまたま見つけたのですが、クレアチンも入っているのでいいかなと。マッスルエレメンツHMBを飲むようになって、筋肉痛が軽減されました。

 

50歳近くになってカラダのブヨブヨやぽっこりお腹がイヤになってきました。営業マンなので見た目の印象が悪いのはマズイと思い、ジムに通いはじめました。しかしなかなか結果が出なかったときに、マッスルエレメンツHMBをジムのトレーナーに教えてもらいました。飲んでからトレーニングすると、いつもより長く筋トレをしても疲れにくい感じがありました。さらにいつもより重いウエートもあがるようになったのです!しばらく続けてみようと思っています。

 

マッスルエレメンツHMBはRNA核酸、DNA核酸も配合されたほかにはないタイプのHMBサプリです。新陳代謝を活発にして活力あるカラダ作りを目指す人におすすめです。

-HMB