ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

HMB

ストライクHMB

ストライクHMBには、HMBの他、クレアチンとLカルニチンが配合されていることでしょうか。

HMBサプリはたくさんありますが、脂肪燃焼を促進する効果のあるLカルニチンを配合したものは少ないです。

筋肉をつけながら、脂肪燃焼も促進したい人向きのHMBサプリです。

コストパフォーマンスはまずまずの1日あたり152円。

HMBが人気の理由

HMBとは筋力アップに有効な成分であるアミノ酸の一種「ロイシン」が体内で代謝されてできる物質です。

筋力アップといえばプロテインが思い浮かびますが、実はプロテインはあまり効率がよくないのです。

プロテインを飲むと、一度体内で分解をして「ロイシン」を生成し、さらにそのロイシンが代謝してできるのがHMBです。

つまり、プロテイン⇒ロイシン⇒HMBの順番です。

それなら、HMBを直接摂取するほうが効率的ですね。

ストライクHMBには1日あたり分量に1.5gのHMBが配合されています

ストライクHMBの配合成分

カルシウムHMB:1500mg、L-カルニチン:19.98mg、トンカットアリ抽出物:15mg、フェヌグリーク:15mg、クレアチン:10.02mg、BCAA:12mg、Lグルタミン:4.02mg、バイオペリン:1.98mg、シナモン抽出物:1.98mg、乳糖:438.3mg、JAS有機コーンスターチ:21mg、ステアリン酸カルシウム:63mg

 

HMB以外の注目成分

BCAA

ストライクHMBには1回分で12㎎のBCAAが配合されています。

筋肉に必要なアミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。そのBCAAを4:1:1のバランスで配合することによって、筋肉ケアが効率化されます。

トップアスリートが1日に必要とするBCAAは10gと言われています。10gのBCAAを食品から摂取するには牛肉350g+本マグロの赤身200g+鶏卵10個が必要と言われています。

効率よくBCAAを摂取するにはサプリメントが便利です。

クレアチン

ストライクHMBには1回分で10㎎のクレアチンが含まれています。

クレアチンは肉と魚に含まれているタンパク質の一種。

クレアチンは熱に非常に弱いので加熱調理してしまうと、破壊されてしまいます。クレアチンの1日推奨量を摂取しようとすると、毎日少なくとも500gの生肉もしくは生魚を食べる必要があると言われています。

ストライクHMBならこの量を1回分の量で摂取できてしまうのです。

クレアチンを飲むと普段より重いウエイトを扱えるようになります。

パワー系トップアスリートが好んで飲むのは、クレアチンを飲んでおくと、重い重量を扱えるので、筋力アップに有効というのがその理由です。

カルニチン

ダイエッターの間では脂肪燃焼成分としておなじみのカルニチン。ストライクHMBには1回分で20㎎のカルニチンが含まれています。

カルニチンは食品では肉の赤身に豊富に含まれています。

カルニチンを摂取してトレーニングすることでダイエット効果がアップするでしょう。

トレーニング前にHMBを飲む

ストライクHMBは1袋180粒入り。1日あたり6粒目安で約1か月分です。6粒でHMB1.5gを摂取することができます。

この6粒をトレーニング前に飲みましょう。

トレーニング前にHMBを補給しておくことで、トレーニングによる筋肉の分解を抑制し、傷ついた筋線維の修復をサポートしてくれます。

効果を早く出したい場合は2倍の12粒を飲むようにするといいでしょう。

ただし、12粒以上飲んでも(1日3g以上のHMBを飲んでも)効果は変わらないと言われています。

口コミをチェックしました

プロテインを飲みながら筋トレをしていたのですがイマイチ実感できず。雑誌でふと見たストライクHMBに魅力を感じて買ってみました。今はプロテインと一緒にHMBを飲んでいます。目に見えて成果が出てきたので、周りのジム仲間にもどんどんすすめています!

 

HMBには興味があったのですが、海外製のものばかりで粒が大きく飲みにくいので買ったことはあっても、すぐに飲むのをやめてしまいました。しかしここ2,3年で日本製のHMBサプリが増えてきたので、ずっと利用しています。プロテインよりも飲みやすくていいですね。

 

ストライクHMBを飲むようになって、筋肉痛からの回復が早くなったと感じます。プロテインのみ使用していたときとは比較にならないほど超回復を感じています。今はプロテインとストライクHMBの併用ですが、プロテインはやめようかと思っています。

 

-HMB