ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと栄養

水について

成人では体重の60パーセントほどが水分です。

体の水分というと、まず血液を思い浮かべるかもしれませんね。

しかし血液は体重の7パーセントほどなので、体の水分の多くは血液以外です。

細胞内と細胞間質に存在しています。

栄養素は血液、すなわち水によってそれぞれが利用される臓器、組織にはこばれます。

運ばれた先の臓器、組織では、細胞間質と細胞内の運搬、移動が水分を通して行われます。

1日当たりの水分の補給は、飲料水が1200ml、食物から800ml、代謝水が300mlとなっています。

1日あたり、食物からの水分摂取量が800mlというのは多いと思かもしれません。

しかし食品には多くの水分が含まれているのです。

代謝水とは、炭水化物や脂肪が代謝されてエネルギーを生産した結果、体内で発生する水のことです。

栄養素は不足も過剰も良くない

栄養素の摂取量が必要量より少ないと、その栄養素の関係した機能や役割に悪影響が起こります。

そのため、必要量を摂取していないと心配している人は、サプリメントを利用することが多いようです。

特に、ジムで運動している人の中には、サプリメントマニアのような人も多いです。

しかし、栄養素というのは、摂取すればするほど関係する機能や役割にとって良いといわけではないのです。

例えば、タンパク質は重要な栄養素ですが、消費されずに余ると、体内では脂肪に変換されて蓄積されます。

炭水化物も同じです。

したがってタンパク質や炭水化物でも摂取し過ぎると体脂肪が蓄積して太ることになります。

ビタミンやミネラルは摂取し過ぎても太ることはありませんが、長期間にわたって摂取すると過剰摂取による健康被害が起こるものもあります。

とはいえ、ビタミンやミネラルについては、普段の食品を食べていて過剰摂取になることはほとんどありません。

ただし、サプリメントを好む人は、特定の栄養素を多量に摂取してしまうことがあるので注意が必要です。

エネルギー密度とは

食品は体積や重量が同じでもエネルギーは同じではりません。

ミカンとショートケーキの重量が同じだとしてもショートケーキのエネルギーはミカンの10倍ほどあります。

これは食品中の水分量が違うことによります。

水分にはエネルギーはありません。

したがって、水分の多い食品は大きさの割にエネルギーが少ないのに対して、水分の少ない食品はエネルギーが多いということになります。

たとえばポテトチップスは水分が非常に少ないので100g当たりのエネルギーは多くなります。

食品の重量当たりのエネルギーをエネルギー密度といます。

エネルギー密度の低い食品で満腹になった時に比べて、エネルギー密度の高い食品で満腹になった時には、摂取エネルギーが多くなります。

自然の食物は水分量が多い傾向があります。

野菜や果物に水分が多いのはご存じのとおりです。

肉や魚も脂身以外はおよそ75パーセントが水分です。

乾燥させると小さくなるのはこのためです。

人の胃の大きさは太古の昔も今もあまり変わりません。

もっぱら自然の食品を食べていた太古の昔に比べて、現在は太りやすい食環境になっているのです。

-筋トレと栄養