ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと成長ホルモン

成長ホルモンを増やす生活

成長ホルモンの分泌を促進し、成長ホルモンの活性を推測する血中IGF-I値を上げる因子として、食事療法(高たんぱく食、高アミノ酸食)、運動療法(負荷トレーニング)、精神療法(ストレス回避、質の高い睡眠)がとても重要です。

反対にIGF-Iを下げてしまう生活習慣とは、高炭水化物食、運動不足、ストレス、睡眠不足、過労などがありますので、これらをできるだけ避けるのが毎日の生活でポイントとなります。

成長ホルモンの材料

毎日の生活を、成長ホルモンを活性化させる生活を意識することで、その効果は目に見えて上がってきます。

成長ホルモンの分泌を活性する要因をより積極的に習慣化し、抑制する因子をできるだけ生活から排除するのです。

これをしなくてはいけない、これを食べてはいけない、運動をこれだけしなくてはいけないなどと考えると長続きしません。

いずれも、日常の習慣にしてしまうのがコツです。

成長ホルモンを構成するもの

成長ホルモンを構成する栄養素はアミノ酸(タンパク質)です。

成長ホルモンだけではなく、メラトニン、セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、アディポネクチンなども、成長ホルモンと同じくタンパク質を原料としています。

一方、同じホルモンに総称されるDHEA、コルチゾール、テストステロンなどの原料はコレステロール(脂質)です。

女性ホルモンのエストロゲンも原料はコレステロールです。

このように、ホルモンによってその原料は異なり、それが不足すると適正量の分泌がされなくなります。

食事において気をつけるべきことは、食べ物はよく噛み、腹8分目にして、規則正しく1日3回食べるといったとても基本的なことです。

成長ホルモンを発生させるために食事について気をつけることはとても基本的なことですが、これらをきちんと毎食守っている人は少ないのではないでしょうか。

気づかないうちに早食い、食べ過ぎ、朝食抜きといった成長ホルモン活性の抑制因子を自ら習慣化している可能性が高いのです。

何事も習慣化すると、それを変えるには、ある程度の努力が必要になります。

そのような努力をなるべくしないで済むように、食べ物はよく噛み、腹8分目にして、規則正しく1日3回食べるという食習慣にしましょう。

成長ホルモンは空腹で発生する

最新の研究で成長ホルモン分泌と空腹が密接に関係することがわかってきました。

空腹を感じると胃からグレリンというホルモンが分泌され、食欲を高めるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンは、美肌にも深くかかわっています。

つまり空腹になるとグレリンが分泌され、成長ホルモンが分泌され、美肌になるということのです。

空腹を感じたからといって、すぐに何かを食べてしまうと、グレリンの分泌が続かず、成長ホルモンも増えないということです。

空腹を感じないのに食事の時間になったからといって食べると、グレリンが分泌されず、成長ホルモンの分泌も増えません。

胃からグレリンを分泌させ、成長ホルモンの分泌を増やすには、空腹感を少し長く保つ必要があるのです。

通常、食後2~3時間もすれば、胃は空っぽになるので、朝8:00に朝食をとれば、午前11時ごろには空腹を感じるはずです。

空腹を感じないのは消化の良くないものを食べたり、食べ過ぎや運動不足だったり、胃腸の働きが弱っていたりするからです。

空腹になると分泌されるグレリンを上手に活用するためにも、間食は避けて朝食、昼食、夕食はそれぞれしっかりおなかがすいたという感覚を感じてから食べることをお勧めします。

-筋トレと成長ホルモン