ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと成長ホルモン

成長ホルモンを上げる要因・下げる要因

アンチエイジングの観点から成長ホルモンの活性について研究したところ、成長ホルモンの分泌を刺激したり、反対に分泌をおさえてしまう要因がいくつかあることが分かってきています。

成長ホルモンの分泌を刺激する要因には、運動、高たんぱく食、十分なアミノ酸摂取があります。

また、忘れてはならない最近の研究結果では、心のときめきといった、いわゆる気持ちの持ちようでも成長ホルモンの分泌が促進されることがわかってきました。

一方で、ホルモン分泌をおさえてしまう要因としては、運動不足、ストレス、睡眠不足、糖質過剰、合成エストロゲン剤の服用などがあります。

成長ホルモンのさまざまな作用を考えると、最適な健康状態を維持して、いきいきとした毎日送るためには、これらホルモンの分泌を左右するそれぞれの因子を、毎日の生活習慣の中で実践的に取り入れることが重要です。

生活リズムと成長ホルモン

私たちには、生まれもった生活のリズムが3種類あります。

成長ホルモンの分泌刺激因子と抑制因子を個別の生活習慣に当てはめるときに、これら生体リズムが刺激と抑制のカギになることがあるのです。

生活のリズムとしての一つ目は、体内時計とよばれるものです。

これは 26時間を1サイクルとしていますが、この体内時計の存在を明らかにしたドイツの生理学者が 1962年におこなった実験を記しておきます。

その実験は被験者26人を地価の実験室に隔離して、光や音など、外界からの情報をすべてシャットアウトし、その状態で自由に生活してもらうというものでした。

実験した地下にあるので太陽光が届きませんし、新聞、テレビやラジオもありません。そのため時間を知ることはできません。

地下室では常に同じ温度、照明が保たれ、時間の経過を感じることもできません。

そんな状態だったので実験を始めた当初は、だれもがばらばらな時間に寝起きしていました。

ところが、実験のスタートから何日もたつと、被験者たちは約1日周期(25時間)で寝起きし、体温や尿の排泄などもこの周期のサイクルで繰り返されることが確認されました。

つまり、人は時間を知る手掛かりがどこにもない状態であっても、約1日周期で生活リズムをつくっていったということです。

この実験から人間は朝や夜といった太陽活動の影響とはまた別に、人間独自の体内時計を持っていることがわかったのです。

二つ目はメラトニンリズムです。

メラトニンは睡眠ホルモンともよばれ、光の明暗によってきざむ時間をコントロールしています。

明るいとメラトニンは抑制され、暗いと分泌が刺激されるのです。

朝、光を浴びると、脳にある体内時計の針が進み、体内時計がリセットされて活動状態に導かれます。

また、体内時計からの信号で、メラトニンの分泌が止まります。

このメラトニンは、目覚めてから14~16時間ぐらい経過すると体内時計からの指令の下に再び分泌されるのです。

三つ目の体内リズムは、成長ホルモンリズムです。

成長ホルモンは、パルス状に分泌されるのですが、睡眠がリズムを刻むカギになっていることが分かっています。

つまり、睡眠中に成長ホルモンが分泌され、寝ないと抑制されるということです。

毎日の生活の中で、成長ホルモンを活性化させるには、これらのリズムを上手に活用することが重要です。

-筋トレと成長ホルモン