ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと成長ホルモン

成長ホルモンを増やす方法

成長ホルモンは、年齢に伴って自然と分泌量が減っていきますが、それを増やす方法があります。

成長ホルモンの分泌量は IGF-Iの値で計測しますが、IGF-Iの値を上げる方法が三つあります。

  1. 外部から成長ホルモンを補充する方法
  2. 成長ホルモンを外部から補充するのではなく、その人自身の体内成長ホルモンの生産を促したり、たくわえられた成長ホルモンの分泌を促進する物質を利用するもの
  3. ライフスタイルを改善して、自分自身のホルモン分泌を刺激する方法

1番目と2番目はアンチエイジングを医学的見地で解明していく考加齢医学の分野でおこなわれているものです。

すでに治療法の一つとして確立されています。

3つ目については、抗加齢医学の研究の中で分かってきた成長ホルモンと老化のプロセスを、アンチエイジング、病気予防に生かす方法と言えるでしょう。

成長ホルモンの補充療法

成長ホルモンを外部から補充する治療について

成長ホルモンは、1921年、アメリカの研究者により発見されました。その働きは成長期において身長を伸ばすうえで不可欠なホルモンとされ、その名も成長ホルモンとよばれるようになりました。

1956年には、成長ホルモン欠乏性低身長症に初めて成長ホルモンを使用して、その有効性が証明されました。

成長ホルモン補充療法は、それが欠損している患者のために行われました。

この治療法は1975年以降に本格化し、治療目的、成長ホルモン製剤が販売され始めたのもこのころです。

しかし当時は検体から抽出された成長ホルモンを使用せざるを得ず、量的に制限がありました。

1988年に入ると、遺伝子組み換えにより作成された成長ホルモンが供給されるようになります。

その結果、治療目的だけではなく、単純にチームの臨床研究にも成長ホルモンが使われることになり、この分野の研究が飛躍的に進展しました。

成長ホルモンの研究が進むにつれ、成人における成長ホルモンの果たす役割についても多くの研究が行われました。

それにより成長ホルモンは単に体の成長や生育を促す作用にとどまらず、全身のいろいろな代謝に重要な役割を果たす代謝調節ホルモンであって、成人になってから特に大切になることが明らかになってきました。

成長ホルモン分泌不全症では、体組織が変化して、体脂肪量が増加し徐脂肪体重が減少、筋力や運動能力が低下、また心理的健康感も損なわれていきます。

この体脂肪の増加は、特に内臓脂肪の増加で、インスリン抵抗性、糖尿病、高脂血症などの病態と密接に関連していて、大きな影響を与えています。

これらの症状は適量の成長ホルモンを外から投与することによって改善することから、成人の成長ホルモン分泌不全症に対する成長ホルモン補充療法は、諸外国で広くおこなわれるようになりました。

日本では、2006年4月より重症型成人成長ホルモン分泌不全症に対する、補充療法が保険診療として承認されました。

一方で、アメリカを中心として、成長ホルモンの抗加齢効果を期待して、主に美容目的て成長ホルモンを外から補充する動きが生まれました。

ただ、成人成長ホルモン分泌不全患者に対して成長ホルモン補充療法を行った時に得られる効果と、例えば、加齢によって成長ホルモンが低下した高齢者の下垂体前葉機能低下に対する成長ホルモン治療の効果には、かなり差があることが明らかになってきています。

実際に実施されて日が浅い治療法のため、マイナスの効果についてはまだすべてが分かっているわけではありません。

-筋トレと成長ホルモン