ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと成長ホルモン

成長ホルモンの男女差

成長ホルモンには多彩な働きがありますが、もともと男性の方が筋肉量が多いので、成長ホルモンは多く分泌される傾向があります。

全体の分泌量は女性よりも大きく、ピーク値も大きいのが特徴です。

男性の方が5~10パーセント程度女性よりも分泌量が多いと言われています。

成長ホルモン活性を調べる

成長ホルモンが働いているかどうかは、血中のIG F-Iという物質の数値で計測しています。

脳下垂体から分泌される成長ホルモンは、肝臓に達すると、IG F-Iの産生を促し、全身で成長ホルモン作用を発揮します。

ちなみにインスリンというホルモンがりますが、IG F-Iはインスリンに構造が似ているためにこう名付けられました。

成長ホルモンの働きの多くはこのIG F-Iの働きといえ、組織や細胞に対するアナボリック作用の多くは、このIG F-Iをとおしておこなわれます。

IG F-Iは成長ホルモンの働きを調べる際の目安になります。

成長ホルモンは1日を通して、信号が信号が脈打つようなパルス状に分泌されています。

つまり血液検査などで測っても、測定値が安定しないので、血中のIG F-Iの値で成長ホルモンの活性度合いを評価しているのです。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンが活性すると、体は若々しくなります。

特に成人では見た目年齢や体内年齢が若返る効果があります。

成長ホルモンは、筋肉や骨の委縮を防止して、体脂肪の増加を抑える働きがあります。

成人期においては、これはすなわち筋肉や骨の量を保ち、エネルギー消費、脂肪の分解を促進することとなります。

つまり、筋肉を強くし、皮膚の弾力性を高め、シワを減らす作用があるということです。

若くハリのある皮膚を作ったり、骨を丈夫にするだけではなく、エネルギーレベルや性的能力を高める働きもあります。

また心臓の出力を増加させたり、視力をよくするといった身体機能の向上のほか、記憶力を高める、意欲を高める、前向きな気持ちにさせるなど精神的な健康をたもつ働きもあります。

ちなみに、成長期から思春期にかけて作用していた骨の成長については、成人になると、骨の端にある骨の成長腺が閉じるので、一般に成長腺が閉じるといわれる18歳から20歳以降は、成長ホルモンによって背が伸びることはありません。

成長ホルモンの働きの事例

  • 年齢とともに小さくなっていく心臓、肝臓、脾臓、腎臓などの組織を再び大きくする
  • 心臓の血液拍出量を増やす
  • 血圧を下げる
  • 善玉コレステロール値を上げ、悪玉コレステロール値を下げる
  • 骨を強くする
  • 傷の直りを早くする
  • 若々しい皮膚をつくる
  • 運動しなくても、半年で筋肉の量を平均8.8 %増やす
  • 運動能力が増大する
  • 抜け毛が回復する
  • シワをとる
  • セルライトをとる
  • 視力を改善する
  • 気分を高揚させる
  • 眠りを深める
  • 記憶力をよくする
  • 免疫系を活性化する

-筋トレと成長ホルモン