ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと成長ホルモン

成長ホルモンに隠された力

成長ホルモンは脳下垂体から分泌される、体内にもともと存在するホルモンの一つです。

191個のアミノ酸でできた単純なタンパク質でできています。

幼児期から思春期にかけて、大量に血液中に放出されて、成長期に背が伸びたり、骨が成長するのを助ける働きがあることはよく知られています。

医学的には、骨の形成を促進することで骨を伸ばし、骨の量や筋肉量を増やし、性腺の発育を促進する働きがあります。

特に、夜間の睡眠が一番深いころに、成長ホルモンは最も多く分泌されます。

寝る子は育つということわざがありますがこれは実に的を射た表現です。

このように成長ホルモンは、人間の成長にとって欠かすことのできないホルモンで、成長ホルモンが欠乏すると、発育不全という問題が起こります。

成長ホルモンは幼児期から思春期の成長に関係しているように思われていますが、成人になってからも、様々な大切な役割をはたしていることが研究の結果明らかになっています。

成長ホルモンは成人になって、成長が止まったあとも分泌され続けています。

細胞同士でのアミノ酸輸送をサポートし、細胞のアミノ酸の取り込みや同化を促進して、代謝を上げるなど、一生涯にわたり体内で重要な役割をはたしています。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンは、細胞のアミノ酸の取り込みを促進することによって、体の代謝を促進するなど、一生の間、大切な働きをします。

全身のいろいろな代謝に重要な役割を果たす代謝調節ホルモンであり、代謝の観点からすると、成長ホルモンの役割は、実は成人になってからの方が大切なのです。

だからこそ、成長ホルモンは成長が止まったあとも分泌され続けているのです。

アミノ酸はタンパク質の構成成分で、筋肉をつくったり、傷を治したり、心臓や皮膚などの臓器や器官をつくったり、また、それらを回復させたりするために、体のいろいろなところで使われています。

成長ホルモンは、このアミノ酸の取り込みに作用しているのです。

成長ホルモンの隠された力

成長ホルモンは小児期から思春期を経て成人に至るプロセスで、とても重要な働きをしています。

また、成長ホルモンは単に体の成長や発育を促進するホルモンではなく、代謝を促進させる働きがあります。

実は、このほかにも成長ホルモンには様々な働きがあります。

例えば、ハリと潤いのある健康な皮膚をつくったり、骨を丈夫にしたり、コレステロール代謝を改善し、心肺機能を高め、記憶力の強化などの働きも改善させることが分かっています。

成長ホルモンの作用は大きく分けると

  1. 組織や細胞に対するアナボリック作用
  2. 抗インスリン作用

この二つに分けることができます。

組織や細胞に対するアナボリック作用とは、主に肝臓、骨、筋肉、性腺その他の臓器に対するタンパク合成の促進や、細胞増殖の促進のことです。

一方、抗インスリン作用とは、糖質の代謝、脂質の代謝をとおして、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセリンに分解する作用のことです。

また糖質代謝においても、成長ホルモンは、いろいろな段階でインスリンに対して作用し、老化という加齢を促進する現象を抑える働きがあります。

このような成長ホルモンの作用によって、体は体脂肪の増加を過ぎ、筋肉をはじめとする多くのたんぱく組織の重量や機能を保持して、骨代謝、脂質代謝、糖代謝の正常な状態を維持し、さらに腎機能、新機能、免疫機能の働きを正常に保っているのです。

また、成長ホルモンは、健常な人が感じる精神心理的な健康感を維持するうえでも重要な働きをしていることが分かっています。

-筋トレと成長ホルモン