ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと栄養

体組成について

ジムで運動している人は、体重だけでなく体組成にも気を配っていることでしょう。

体重は脂肪組織と貯脂肪組織の重量にわけられ、脂肪組織と説脂肪組織の割合が体組成となります。

体重が60キロで体脂肪率20パーセントであれば、脂肪組織の重量は12kg、徐脂肪組織の重量は48kgとなります。

脂肪組織は、容積の80パーセントほどの脂肪をたくわえた脂肪細胞が集まってできています。

脂肪組織は筋肉、内臓など脂肪組織以外の組織の総称で、これらの組織の細胞は容積の約75パーセントが水、残りのほとんどがタンパク質でできています。

脂肪は1gは9キロカロリー、たんぱく質は1gは4キロカロリーなので、1kg当たりのエネルギーは脂肪組織が約7600キロカロリー、所脂肪組織は約1050キロカロリーと大きく異なります。

体組成の測定方法

インピーダンス法

最近のジムには、体組成を測定できる器具が設置されているところが多いですね。

家庭で使う体重計でも体組成測定ができるものが増えています。

こうした器具の体組成測定にはインピーダンス法が使われているものが多いです。

インピーダンスとは電気抵抗のことで、インピーダンス法では電気がどれくらい体を流れるかを測定しています。

電気を流すために測定器の決められた場所にはだしでのります。

電気は非常に弱いので、人は何も感じません。

純粋な水は電気を通しませんが、体の水分にはナトリウムや塩素などのイオンが含まれているので電気が流れます。

脂肪組織には水分が少ないので電気が流れにくくなっています。

逆に徐脂肪組織には水分が多いので電気が流れやすいという性質があります。

このため、電気は体脂肪が多いと流れにくく、体脂肪が少ないと流れやすいという特徴があります。

インピーダンスの値と体組成との関係式から、体脂肪率や体脂肪量などを計算しているのです。

水中体重秤量法、空気置換法

人の体は、脂肪が多いと比重が軽く、脂肪が少ないと比重が重くなります。

脂肪組織の比重は0.9g/立方センチ、徐脂肪組織は1.1g/立方センチとなっています。

この性質を利用した測定法が水中体重秤量法、空気置換法です。

水中体重秤量法では、頭まですっぽりと水の中に使ったときの体重と水位の上昇から体の体積を測定して比重を計算します。

この比重から脂肪組織と徐脂肪組織の割合を計算します。

この方法は、専用の設備が必要であり、頭まで水に入らなければならず、水中での体重測定に誤差を与える肺の中の空気の影響があります。

これらのことから簡単に測定できるものではありません。

しかし、体組成の標準的な測定法であり、インピーダンス法での計算式は、この方法で測定されたデータを基準として作成されているのです。

空気置換法は水中体重秤量法と同様の原理による測定法で、水の代わりに空気を利用するので手軽に測定することができます。

皮下脂肪厚法

皮下脂肪の厚さから、体脂肪率を求めるのが皮下脂肪厚法です。

キャリパーという皮下脂肪をつまんで厚さを測定する専用の器具で、基準となる部位の皮下脂肪を測定し、換算式を用いて体脂肪率を求めます。

-筋トレと栄養