ハイパーマッスルHMBの最安値&ハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方情報

ハイパーマッスルHMBを最もお得に最安値で、しかも安全に買えるのはどのサイトでしょうか?そしてハイパーマッスルHMBの効果を最大化する飲み方・飲むタイミングについてお伝えします。ハイパーマッスルHMB購入前に参考にしてください。

筋トレと栄養

エネルギー源

人の体の主要なエネルギー源は炭水化物と脂肪です。

炭水化物は 1g当たり4キロカロリー、脂肪は1g当たり9キロカロリーのエネルギーを生産します。

タンパク質もエネルギー源となることができ、1g当たり4キロカロリーを生産します。

三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質は、それぞれが代謝されエネルギー生産に利用されますが、途中からクエン酸回路で交流します。

このように三つの栄養素からエネルギーを供給できるということには、次のような意義があります。

炭水化物は脳のほとんど唯一のエネルギー源なので、エネルギー源として最も重要です。

しかし体内にたくさん蓄えておくことができません。

飢餓で食事が不足すると炭水化物が不足してしまいます。

その場合、筋肉や内臓をつくっているたんぱく質が、優先順位の高い炭水化物を体内で合成するための材料として使われます。つまり筋肉が分解されるということ。

このため、飢餓の状態では体脂肪が減少するだけでなく筋肉も減少します。

このようにして、三大栄養素は補い合ってエネルギーを供給しています。

しかし三大栄養素はそれぞれがお互いをすべて補えるあえるわけではありません。

炭水化物はタンパク質から作ることができますが、タンパク質は炭水化物からも脂肪からも作ることはできません。

タンパク質も炭水化物も脂肪には変換されますが、脂肪はタンパク質にも炭水化物でも変換されません。

脂肪が増えやすく減りにくいのはこういう理由があるからです。

余ったエネルギーは脂肪に変換されて蓄積される

運動しないでごろごろしていると体重が増えるのは誰もが経験あるでしょう。

それではどれくらいのペースで増えていくものなのでしょうか。

消費されないで余っている脂肪は体脂肪として蓄積されます。

脂肪はタンパク質や炭水化物に変換されないので、蓄積した脂肪を減らすには、エネルギー源として使ってしまう以外に方法はありません。

活動的な日と非活動的な日で消費エネルギーに700キロカロリー以上の差があるのですが、非活動的な日が続くのに活動的な日と同じだけ食べ続けていると、10日間で7000キロカロリーのエネルギーが余る計算になります。

1gの脂肪は9キロカロリーのエネルギーを持っています。

したがって7000キロカロリーのエネルギーが脂肪に変換されると約800gになります。

体脂肪は脂肪細胞の集まりで、体積の約80パーセントが脂肪、残りが水やたんぱく質などです。

1kg当たり約7000キロカロリーとなります。

800gの脂肪が蓄積するということは、1kgの体脂肪が蓄積するという計算になります。

食生活を変えずに非活動的な日が続くと、活動的な場合に比べて、単純計算で10日間で1キロ体重が増えることになります。

運動せずに食べる量が増えたらさらに体重の増えるペースはアップします。

正月休みにごろごろしているとあっという間に体重が増えてしまうのはこのような理由からです。

-筋トレと栄養